平成28年度 診療情報管理士試験不合格者のブログ

平成28年度 第10回診療情報管理士不合格者のブログ

分類法:呼吸器系の疾患 発覚した勘違い!試験の失敗!

循環器同様、実際に引く頻度が高そうな呼吸器系の疾患です。
誤嚥性肺炎や肺水腫は試験にも出ていたような…
喘息や気胸なんかも試験に使われそうな感じです。

・鼻咽頭炎〈かぜ〉、急性の副鼻腔炎は“急性上気道感染症

・急性気管支炎は“その他の急性下気道感染症

・声帯、喉頭扁桃、アデノイド、咽頭、慢性副鼻腔炎、上顎胴炎、花粉症などは“上気道のその他の疾患”
J00-06の方が急性上気道炎に対し、こちらは慢性上気道炎

・喘息、急性以外の気管支炎、肺気腫、肺ブラは“慢性下気道疾患”

・粉塵、アスベスト、過敏性(アレルギー性)肺臓炎、誤嚥性肺炎、照射後肺臓炎は“外的因子による肺疾患”
※誤嚥性肺炎はこちらの項

・肺水腫、ARDS、肺好酸球症、間質性肺炎は“間質を障害するその他の呼吸器疾患”

・膿胸、肺膿瘍は“下気道の化膿性および壊死性病態”

気胸、胸水、胸膜班は“胸膜のその他の疾患”

・処置後合併症や気管結石 、無気肺(虚脱)、縦隔、横隔膜系、呼吸不全は“呼吸器系その他の疾患”


に、それぞれ分類される。


インフルエンザ脳症は、Jコード とは別にG94.8* “他に分類される疾患における脳のその他の明示された障害”もつける二重分類

□気管支炎(喫煙者)は“単純性慢性気管支炎”

□声帯白斑症→声帯の白色角化症

気管支喘息急性増悪→J46 喘息発作重積状態

□混合性喘息→アレルギー性+心因性など

□小児喘息はJ45.0 アレルギー性喘息
□中高年発症喘息はJ45.9 喘息、詳細不明

□B群連鎖球菌性急性喉頭炎 J04.0にB95.1 “他章に分類される疾患の原因であるB群連鎖球菌性”を追加してコードする

緑膿菌性胸膜炎→胸膜炎のコードは膿胸の項のJ86.9 瘻孔を伴わない膿胸 となる
(漿液性、連鎖球菌性、肺炎球菌によるものの時はJ90 胸水、他に分類されないものの項になる)



この章の問題を解いていて、ずっと勘違いしていた大きなミスに気が付きました。

私は追加コードと、二重分類を混同していました…。


□B群連鎖球菌性急性喉頭炎 J04.0にB95.1 “他章に分類される疾患の原因であるB群連鎖球菌性”を追加してコードする

この時に、本来ならば追加なので、B95.1に*もしくは✝︎は不要なのに、B95.1✝︎ J04.0* と答案に書いていた!

それで気付いたのは、もしかしたら自分はこの間の試験でも、追加コードのある問題で、不要な*や✝︎を付けていたかもしれないと言う事です…!

追加コードのある問題の前に、二重分類の問題もあったのですが、それには答案用紙に予め*や✝︎のマークが印字されていました。
なんか私…その後の追加コードの問題で、わざわざ手書きでマークを書いたかもしれない…

馬鹿すぎる…!
そう言えばスクーリングでも、講師の先生が、わざわざ付けなくてもいい二重分類のマークを付けて、間違える人がいるので気を付けるように!と言っていたような!

その時は、そんな事わざわざするなんて、逆に面倒だから自分はしないだろうと鷹を括っていましたが…

実際自分がやらかしてしまった!
全く疑問にも思わなかった!


事前にしっかり練習問題をしていたら、勘違いに気付けただろうに!本当、愚かでした…
これからもそんな感じの勘違いが、続々と発覚しそうです…

今更後悔、本当遅いですが…
来年の試験までに、勉強不足を解消させなければ。
しっかり準備を整えて、試験に挑まねばと改めて思いました。