平成28年度 診療情報管理士試験不合格者のブログ

平成28年度 第10回診療情報管理士不合格者のブログ

分類法:精神および行動の障害

精神の分野も、なかなかややこしく…。
躁鬱は気分障害
パニック、ヒステリー、心因性の過換気や下痢、解離性障害神経症侯性障害・ストレス関連障害・身体表現性障害。
広汎性発達障害である自閉症や、アスペルガー症候群心理的発達の障害。

などなど、この項にはこのタイプの疾病があると覚えてみるのも手だなと思いました。
ですが実際は中分類も抽象的な文言なので…。
いざ病名を見て調べようとしても、これは身体表現性障害なのか、行動症候群なのか、医学の知識が殆どない自分にとっては悩むことが多い。。。

例えば“摂食障害”や“悪夢”は、
ストレス関連障害および身体表現性障害か?
生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群か?

どちらにも入りそうで、判断が難しかったです。
正しくは“生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群”なのですが、見事に誤った項を探していました…。
やはり索引表に頼るのが一番か…。


あと頭を悩ませたのは、うつ病のコーディングでした。
精神病症状を伴う・伴わない があり、精神病症状を伴うとは→幻覚、妄想、昏迷があり、社会的活動が不可能になること。との事なので、サマリ問題ではしっかりカルテを読み解かなければ…!

・単極性うつ病は、“F32 うつ病エピソード”のコードではなく、“F33 反復性うつ病性障害”のコード。エピソードの方ではない。

心因性下痢はF45.3 身体表現性自律神経機能不全のコードだが、心因性嘔吐はF50.5 心理的障害に関連した嘔吐。身体表現性障害ではなく、摂食障害の括りになる。中分類も異なる。

心因性失声は解離性障害の括りになる。

心因性の喘息はF54 他に分類される疾病に関連する心理的要因。胃潰瘍や、皮膚炎、蕁麻疹もF54

ステロイド精神病というものがあり、Yコードを追加!

自殺念慮にて入院→過去に自殺企図があれば、自殺念慮R45.8ではなく、自殺企図(既往歴)Z91.5をコードする。

・脳室腹腔シャント術施行→Z98.2(その他の術後状態)脳脊髄液ドレナージ器具の存在

精神の分野は解いていて疲れました。
精神疾患は奥が深いですね…。今更ながら…。