平成28年度 診療情報管理士試験不合格者のブログ

平成28年度 第10回診療情報管理士不合格者のブログ

認定試験の出題形式 基礎と専門は想像以上に単純でした。

診療情報管理士認定試験の、基礎と専門の出題形式について、私はてっきりリポート問題同様に虫食いで出るものと思っていました!
実際は“この中から正しいもの(または誤っているもの)を1つ選べ”と言った問題が最初から最後まであります。

虫食いかなと思い、テキストに赤シートで隠れる緑マーカーペンを引いて、用語を覚える勉強をしていました。
実際の試験が終わり、思った事は、ここまでがっつりでなくても浅く広くで良かったのだなと言う事でした。
でもお陰で、基礎と専門の分野は合格点に行っている筈だと自信を持てましたが…。その後分類法で心が折れます。

これから試験を受けられる方の為に、試験の出題形式の例を上げてみます。


出題形式の例:
(1)この中から正しいものを1つ選べ

1.ブールハーウェは「私が処置をし、神がこれを癒し給うた」との言葉を残した。
2.フランスのサレルノの街に医学校が建設された。
3.ラエネックは聴診器による診断法を確立した。
4.ヤンセン親子は細胞を発見した。


答) 3

これは完全に私が勝手に作った例題ですが、このような出題が続きます。
専門に至っても同じです。
恐れていた統計は、私が受けた第10 回は2問だけで、難しい数学の公式を用いて…といったハイレベルの問題は出ませんでした。
基礎と専門が終了した時点では、これは行けるかもと自信があった事を覚えています。分類法で失墜しましたが…。

私の基礎と専門の勉強法は、あまり役には立たないかもしれませんが、一応テキストの写真です。

f:id:senura55:20170325144944j:plain

マーカーを引くのに時間がかかってしまうのがデメリットですね。
それに用語を丸暗記となると、時間もかかってしまいます。試験では前述した様な出題形式なので、きっちり全て暗記までしなくても、大まかな事を記憶していれば大丈夫なのです。


続いて分類法の出題形式。やや記憶も曖昧なのですが。
最初に、次の病名をコーディングしなさい。との基礎問題が出、次は新生物だったかな?こちらはコードが選択だったような。
その次は二重分類や、5桁目コード問題があり、サマリ問題は妊娠、分娩と、消化器系疾患だったかな。主要病名、副傷病名と、医療行為を選び、病名をコード付けします。そして原死因といった構成だったと思います。

やっぱり基礎問題を手堅くとることが大切でしたね。反省…。
そして妊娠分娩のサマリの主要病名を、間違えていた事に試験終了後に気が付き、やってしまった…となったのを覚えています…。
帝王切開での入院ならば、主要病名はOコードを持ってくるのでしたね…。
付け焼き刃な知識では、やはり不十分でした。

暗記する勉強法に頼ってしまうのが、自分のダメな所だと痛感しました。
分類法には、練習が必要でした。早く正確に引く技能を身に付ける事が大切でした。

1番成績が悪かったのはサマリ問題かな…。原死因も時間がなくてコード付が全部できなかったですし。。。
二重分類の中の、橋本病(妊娠〇週)と言うのが未だに分からないです。
内分泌のEコードに、Z33の妊娠中のコードを付ければ良かったのでしょうか…。
Oコードにあるのかなと探してみるのですが見つけられず…。
内分泌検査で異常が見つかった…とのコードもありませんしね…。
似たような例題が出てこないかな…。



試験の振り返りは以上です。不合格通知も届いて、色々また反省が沸き上がります。
無資格勉強中でも診療情報管理士の仕事を募集していないかと探してみたのですが、東京にしか見つけられず…。
なかなか厳しいですね。
やっぱりちゃんと資格を取らないとな。。。
日本病院会のDPCコースは、合格者でないと受講出来ないのですね。
入院の係にいたことないので、DPCの知識を付けたいなと思っていたのですが、甘くなかった…。

この1年、どうしたら有意義に過ごせるかなと考えてみます。
合格していたら今頃…と思ってしまって、時間を無駄にしちゃってるなとひしひし感じます。
果たして焦りを解消したいが為だけに何か行動をおこして良いものか…。1年、このまま勉強するだけで良いのか…。
どうすれば自分の為になるのか…。
客観的に今の状況を考えなければなと、感情的になりすぎないようにしなければと、思うのですが。。。
目標が遠のいてしまい、宙ぶらりんになっている現状への対処がわからず…。
この年で、人生に迷うなんて〜
参った…