読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成28年度 診療情報管理士試験不合格者のブログ

平成28年度 第10回診療情報管理士不合格者のブログ

分類法:耳および乳様突起の疾患

この章は中分類が4つだけと言う少なさ…! 比較的簡単に中分類から探せられました。 ・耳介の疾患は“外耳疾患”・鼓膜、耳管、耳小骨は“中耳および乳様突起の疾患”・迷路、めまい、蝸牛、前庭は“内耳疾患”・難聴、神経、血管系の疾患、耳痛、耳漏、耳出血は“耳…

分類法:眼および付属器の疾患

中分類からでもまだ探しやすい所かな?と思いつつ、やはり索引表に頼らざるをえなかった…。 内容例示表には明記されていない病名も問題にいくつか出てきました。 ・麦粒腫、霰粒腫、眼球陥入・突出などは、“眼瞼、涙器および眼窩の障害”・翼状片は“結膜の障害…

現状の苦さと焦り諸々…勉強関係なし

4月は新しい事に踏み出す季節ですが、私の現状は昨年と変わらず… 実はむしろ悪化しています。 今年度から外部委託者の業務が縮小し、今までしていた業務が、一部病院の臨時職員さんたちのお仕事になり。。。 私の最近の仕事は、あまり医事と関係の無いような…

分類法:神経系の疾患

精神病に続き、こちらも苦手意識をとても感じました。 中分類から殆ど探せられない…ハンチントン病や運動失調、筋萎縮性側索硬化症は、“中枢神経系を障害する系統萎縮症”パーキンソン病、ミオクローヌス、ジストニーは“錐体外路障害および異常運動”アルツハ…

分類法:精神および行動の障害

精神の分野も、なかなかややこしく…。 躁鬱は気分障害。 パニック、ヒステリー、心因性の過換気や下痢、解離性障害は神経症侯性障害・ストレス関連障害・身体表現性障害。 広汎性発達障害である自閉症や、アスペルガー症候群は心理的発達の障害。などなど、…

分類法:内分泌、栄養および代謝疾患

こちらの分野も、疾病名を見てそれがどんな疾病なのか知識がなければ、内容例示表からは引けない分野ですね。 テイサックス病?バーター症候群?ブランマー病?全く分からず…。 こちらも索引表から引いた方が早いとの結論に至りました。。。SIADHや、シーハン症候群、尿崩…

分類法:血液及び造血器の疾患ならびに免疫機構の障害

この分野はページ数も少なく、中分類も少ないですね。 ただ病名に聞き慣れないものも多く、これは溶血性貧血?無形成貧血?慢性疾患による貧血?凝固障害?と、どこに分類されるのか悩むものばかりでした。 疾病の知識が薄い自分は、ここは素直に索引からひ…

分類法:新生物 組織形態コードがややこしい…

今日は新生物のリポート問題をしていました。 やっぱり組織形態コードを調べるのに時間がかかってしまいます。 内容例示表の後ろの一覧表で、ささっと調べられるようにしなければなりませんね。 インデックスを貼り、探しやすいようにしました。組織型も“扁…

認定試験の出題形式 基礎と専門は想像以上に単純でした。

診療情報管理士認定試験の、基礎と専門の出題形式について、私はてっきりリポート問題同様に虫食いで出るものと思っていました! 実際は“この中から正しいもの(または誤っているもの)を1つ選べ”と言った問題が最初から最後まであります。虫食いかなと思い、…

分類法:感染症および寄生虫症 復習した上で見えた自分の甘さ…

不合格のショックはまだ残りますが、取り敢えず今は勉強せねば! 来年の試験までまだまだ時間があるので、途中でやめてしまわないように、そして勉強できた事を忘れないように、なるべくブログでまとめようかと思います。本日は夜暇でしたので、一番最初の“…

試験に不合格となり、今年30歳になる事への焦り不安…

今現在は中国地方の某総合病院で医療事務をしている私ですが、この診療情報管理士を目指すにあたり、3年前に転職をしました。 それまでの勤務先は総合病院でしたが運用は紙カルテで、DPCも導入されていませんでした。 そして人手不足な事もあり、なかなか診…

平成28年度 第10回診療情報管理士認定試験に不合格

本日は第10回診療情報管理士認定試験の合格発表日でした。 初めて受験した私の結果は…残念ながら不合格…。 何度も何度もネットの合格者の受験番号を確認しましたが、やはり不合格でした。苦しいです。後悔が押し寄せます…。実を言うと受かっているのでは?と…