平成28年度 診療情報管理士試験不合格者のブログ

平成28年度 第10回診療情報管理士不合格者のブログ

分類法:妊娠、分娩および産褥

妊娠から、分娩中〜分娩後(産褥)までの期間の病名は、こちらでコード。
ここは苦手分野です…

特に母体ケアの項は幅広く、これも母体ケアになるのか!となるものばかり…
合併症も多い!妊娠から産褥の期間で、これ程まで多くの疾病が存在するとは…。
妊娠は本当大変なのですね…。未経験者故こんな所で考えさせられます…笑


□胞状奇胎、子宮外妊娠、流産は“流産に終わった妊娠”

□切迫流産、悪阻、妊娠に関連する糖尿病、静脈瘤は“妊娠に関連するその他の母体障害”

□多胎妊娠、胎位異常、胎児骨盤不均衡、帝王切開の既往、胎児発育不良、羊水過多・過小症、前期破水、前置胎盤、偽陣痛(切迫早産)、遷延妊娠は“胎児および羊膜腔に関連する母体ケアならびに予想される分娩の諸問題”

□早産、陣痛微弱、遷延分娩、分娩停止、胎児ストレス(羊水内胎便)、臍帯合併症(過捻転)、会陰裂傷、遺残胎盤、分娩における感染症は“分娩の合併症”

□帝王切開による分娩、多胎分娩は“分娩”

□分娩に関連する乳房、乳頭障害は“産褥に関連する合併症”

□母体死亡、妊娠・分娩・産褥に合併する母体の感染症、内分泌系、呼吸器系、消化器等の疾患は“その他の産科的病態、他に分類されない”



にそれぞれ分類される。


・分娩後肺血症=産褥性敗血症(分娩における敗血症O75.3は分娩中での事)

・流産後敗血症や骨盤腹膜炎はO08.0

・羊水混濁(胎便による)は、O68.1羊水内胎児を合併する分娩

・遺残胎盤による出血→O72.0 第3期出血

・羊水過少症による胎児発育不全で入院→主病名は“胎児発育不全”
“羊水過少症”は副病名


取り敢えず、問題の疾患は“妊娠時”なのか“分娩時”なのか“産褥期”なのかを把握しなければと思いました。

帝王切開の既往による、選択的帝王切開分娩なんかも試験に出そう…(て言うか出てた様な?)


病名が“母体障害”なのか“予想される分娩の諸問題への母体ケア”なのか“合併症”なのか、しっかり読み解く!

子宮外妊娠や流産は4桁目注意!

分娩の形態ときたら、O80-84
分娩の結果ときたら、Z37.-

そしてOコードはあくまで母親のカルテのコードなので、新生児には使用しない!


Oコードは産科系の疾患。婦人科系は、どちらかと言えばNの“腎尿路生殖器系の疾患”になるのかな?

過多月経、月経困難症、不正子宮出血、不妊症、人工授精、習慣流産(妊娠はしていない)はすべてNコード!
どうしても腎尿路疾患のイメージが強いNですが、生殖器疾患も含まれている事を忘れないようにしなければ!(そう言えば乳房も!)

分類法:腎尿路生殖器系の疾患

生殖器や、乳房の疾患もNコード。
糸球体の疾患か、腎尿細管の疾患かを、把握しておかなければと思います。


□IgA腎症、ネフローゼ症候群、腎炎は“糸球体疾患”

腎盂腎炎、膀胱尿管逆流現象は“腎尿細管間質性疾患”

□尿毒症は“腎不全”

□腎嚢胞、腎性尿崩症、腎梗塞は“腎および尿管その他の障害”

□膀胱炎、神経因性膀胱、尿道狭窄、蛋白尿、尿路感染、失禁は“尿路系その他の疾患”

前立腺無精子症は“男性生殖器の疾患”

バルトリン腺嚢胞は“女性骨盤臓器の炎症性疾患”

□子宮頸部腫瘍、ポリープ、習慣流産、不妊子宮内膜症、過多(過小)月経は“女性生殖器の非炎症性障害”

□処置後腎不全、膣(膀胱)脱、ストマ不全、人工授精は“その他の障害”


の項にそれぞれ分類される。


・IgA腎症は糸球体疾患の中の、N02 反復生および持続性血尿に分類され、4桁目を付与する

・アレルギー性紫斑病など、他疾病における腎炎等は、N08 他に分類される疾患における糸球体障害のコード+他疾患のコード

・膀胱下垂症はN32.8 その他の明示された膀胱障害

・陰嚢水腫=N43.3 精巣水瘤

子宮内膜症はN80だが、子宮内膜増殖症はN85

・子宮脱出症=子宮離脱

・子宮摘出後の膀胱脱=N99.3 子宮切除後膣(壁)脱

・卵巣の過剰刺激はN98.1 エストロゲン過剰症やアンドロゲン過剰症はE28


・不正子宮出血=N92.1 不規則周期を伴う過多月経および頻発月桂

分類法:筋骨格系および結合組織の疾患

気を付けていても、5桁目を忘れてしまうMコード…
範囲が広くて、膠原病まで入っているMコード!苦手分野です…


□関節リウマチ、痛風は“関節障害ー炎症性多発性関節障害”

□膝蓋骨の障害、膝内障、半月板、関節ねずみ、関節変形は“関節障害ーその他の関節障害”

膠原病は“全身性結合組織障害”

□脊椎すべり症、分離症は“脊柱障害ー変形性脊柱障害”

□椎骨動脈圧迫症候群、脊柱管狭窄症、頚椎症は“脊柱障害ー脊椎障害”

椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、坐骨神経痛、腰痛症NOS、脊椎不安定症は“脊柱障害ーその他の脊柱障害”

□筋炎は“軟部組織障害ー筋障害” ただし多発性筋炎は膠原病なのでM33.2

□ばね指、ドゥケルバン病、カングリオンは“軟部組織障害ー滑膜および腱の障害”

□筋肉痛、滑液包炎、ベーカー嚢胞、ナックルパッド、ドゥピュイトラン拘縮、テニス肘、肩の損傷は“軟部組織障害ーその他の軟部組織障害”

骨粗鬆症は“骨障害および軟骨障害ー骨の密度および構造の障害”

□骨髄炎、骨壊死は“骨障害および軟骨障害ーその他の骨障害”


にそれぞれ分類される。


・感染性筋炎(MRSA感染による)→追加の感染コードはB95.6 他章に分類される疾患の原因となる黄色ブドウ球菌のコードと、U80.1 メチシリン耐性病原体の特殊目的コードを付ける

変形性股関節症NOS→股関節症NOS(M16.9)

・ベーカー嚢胞“破裂”はM66.0- 未破裂はM71.2-

ブドウ球菌性関節炎→M00.0-でA Bコードの追加はいらない

・大動脈弓症候群→膠原病

・数年前の交通事故による股関節骨折部位の、骨関節・・・骨関節炎のコード(M16.5)と、股関節骨折の続発・後遺症(T93.1)、交通事故の既往(Y85.0)それぞれ忘れずコード!

・腸管ベーチェット病→特にKコード追加いらない?これ以外の膠原病の項は何かと追加コード必要

・肩関節不安定症→その他の関節障害で、M25.31 この疾患以外の肩関節系疾患があれば、M75-(その他の軟部組織障害)も参照してみる

・軟部組織内の残留異物→M79.5(その他の軟部組織障害)

骨粗鬆症、老人性は4桁目.8

・靭帯損傷も半月板損傷も、陳旧性ならばSコードではなく、Mコード

・成人スチル病→5桁目わすれない!



5桁目の不備で、問題を落とさないようにしなければ!

分類法:皮膚および皮下組織の疾患

皮膚疾患は疾患名が色々ある為、中分類から探すのが大変でした…。素直に索引から探せば良いものを…!

そして感染症の章とごっちゃにしてしまいそうなLコード。
外因コードの追加もよくある章です。


□蜂巣炎、膿痂疹、リンパ節炎、毛巣嚢胞、膿瘍、せつは“皮膚および皮下組織の感染症

□天疱瘡は“水疱症”

□薬疹、アトピー性皮膚炎、掻痒症、自家感作性皮膚炎(カンジダ疹)、乳痂、接触性皮膚炎は“皮膚炎および湿疹”
カンジダ疹はBコードではない!

□乾癬、掌蹠膿疱症、苔せん、毛孔性紅色粃糠疹は“丘疹落屑・鱗屑性障害”

□日焼けは“放射線(非電離および電離)に関連する障害”
19章・外因ではない!皮膚疾患

□爪、円形脱毛症、多毛、あせも、毛包のう胞、アテローム、痤瘡、毛嚢炎は“皮膚付属器の障害”

□白斑、シミ、ほくろ、胼胝、ケロイド、皮膚に限局した血管炎(白血球様分裂脈管炎等)、エリテマトーデス(紅斑性狼瘡)は“その他の障害”
全身性エリテマトーデスはMコードだが、紅斑性狼瘡はこちら



帯状疱疹、疣贅、水痘などは感染のBコード

・薬疹、アレルギー性皮膚炎で外因のYコード追加

・膿痂疹→病原体記載あればB95-B97追加

・毛巣嚢胞はL05.~ 毛包嚢胞はL72.~ 毛嚢炎はL73.~

ネット検索してみた所、“毛巣嚢胞”は臀部の上部に出来る、痛みや膿、出血を伴う感染症
“毛包嚢胞”“毛嚢炎”は、『毛包(毛嚢)・・・毛穴の奥で毛根を包んでいる所(皮膚付属器)』の疾患と言うことで、名前は似ているが全然違う疾患という事が分かりました。なるほど…


・ケロイド瘢痕→熱傷の後遺症なので、T95のコード→20章でも後遺症のコードを追加(Y86)

アトピー性皮膚炎はNOS(L20.9)かと思いきや“乳児のアトピー性皮膚炎(L20.8)”に当てはまる事があるので、サマリ問題なら年齢も確認!(乳児=1歳未満)

・サマリで過去の薬剤アレルギーの既往が明記されている→Z88の薬剤アレルギー既往歴のコードを付ける!

・静脈血栓後遺症候群→I87.0 静脈炎後症候群
これの後遺症の下腿潰瘍→L97
後遺症ではなく、現在ある下肢静脈瘤の潰瘍ならI83でコードする

やっとリポート問題を全て終えられたので、テキストの例題を再挑戦しています。
心なしか、スムーズに解けているような。
前回解いた時は、ただ何も考えず機械的に解いていたので、多分頭に何も残らなかった…。理解度も全然でした…。これじゃあ落ちますわ。

未知の分厚い本だったICDも、少しは把握する事が出来たか…。
正直まだまだ不十分ですが…。試験までには苦手意識を解消出来るよう、頑張らねばと思います。

分類法:消化器系の疾患

消化器系は幅広い…。ただ思ったより中分類から探しやすかったです。


・歯は“口腔、唾液腺及び顎の疾患”の項。顎関節症もこちらの項!

クローン病潰瘍性大腸炎は“非感染性腸炎および非感染性大腸炎

イレウス、腸重積、過敏性大腸炎、便秘、大腸ポリープなどは“腸のその他の疾患” 大腸ポリープはDコードではなくこちら

・門脈圧亢進は“肝疾患” Iコードではない

・胃手術後症候群(胃切除後症候群、ダンピング症候群)はK91.0
・術後腸閉塞はK91.3 Yコードかと思ったら違った!

・脂肪便も“消化器系その他の疾患”


胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、急性・慢性・穿孔ありなし・出血ありなし で4桁目コードが変わる!

□ピロリ菌感染→B96.8 他に分類される疾患の原因である病原体 …これは確か試験に出てました。そして答えられなかった!

□舌潰瘍→K14.0 舌炎ー膿瘍/潰瘍形成(外傷性)

人工肛門狭窄→K91.4 結腸瘻〈人工肛門〉の機能障害の項

□胃癌術後吻合部狭窄→K91.8 消化器系その他の処置後障害 その他に分類されない の項 これもYコードではない!

処置後障害はKコードに限らず、どの章の後半にも設けられているものなのですね。
安易にYコードを引かないで、まずは各々の章の後ろのページを確認しなければ。

サマリ問題では相変わらず、病名を見落としてしまいます。。。
colon polyp:大腸ポリープを見落とす…。カルテに病名が日本語で書いてあるとは限らない!


そして心身症がスムーズに引けなかった!F45.9 身体表現性障害で心身症NOSはコードする。

□消化管出血による貧血→D62 急性出血後貧血

副傷病名を抜き出して書く順番は、現在治療中の病名ならサマリに記載されているのが早い順に書いていくのか…
現在、高血圧と変形性膝関節症を他院で加療中→原発性胆汁性肝硬変で当院入院→入院中に注腸透視検査でポリープ発見

→主傷病名:原発性胆汁性肝硬変
副傷病名
1:高血圧
2:変形性膝関節症
3:下行結腸ポリープ
の順番が正解でしたが、てっきりポリープが副傷病名の1番上になるものと勘違い…
ポリペクとかしていたら、また変わってくるのか…。ただの入院時検査で見つかった異常で、治療の必要も無いから、優先順位が低いのかな?


分類法の青いテキストに副傷病名の順番について解説載っているだろうか。。。
どうしても克服できない苦手分野です。

分類法:呼吸器系の疾患 発覚した勘違い!試験の失敗!

循環器同様、実際に引く頻度が高そうな呼吸器系の疾患です。
誤嚥性肺炎や肺水腫は試験にも出ていたような…
喘息や気胸なんかも試験に使われそうな感じです。

・鼻咽頭炎〈かぜ〉、急性の副鼻腔炎は“急性上気道感染症

・急性気管支炎は“その他の急性下気道感染症

・声帯、喉頭扁桃、アデノイド、咽頭、慢性副鼻腔炎、上顎胴炎、花粉症などは“上気道のその他の疾患”
J00-06の方が急性上気道炎に対し、こちらは慢性上気道炎

・喘息、急性以外の気管支炎、肺気腫、肺ブラは“慢性下気道疾患”

・粉塵、アスベスト、過敏性(アレルギー性)肺臓炎、誤嚥性肺炎、照射後肺臓炎は“外的因子による肺疾患”
※誤嚥性肺炎はこちらの項

・肺水腫、ARDS、肺好酸球症、間質性肺炎は“間質を障害するその他の呼吸器疾患”

・膿胸、肺膿瘍は“下気道の化膿性および壊死性病態”

気胸、胸水、胸膜班は“胸膜のその他の疾患”

・処置後合併症や気管結石 、無気肺(虚脱)、縦隔、横隔膜系、呼吸不全は“呼吸器系その他の疾患”


に、それぞれ分類される。


インフルエンザ脳症は、Jコード とは別にG94.8* “他に分類される疾患における脳のその他の明示された障害”もつける二重分類

□気管支炎(喫煙者)は“単純性慢性気管支炎”

□声帯白斑症→声帯の白色角化症

気管支喘息急性増悪→J46 喘息発作重積状態

□混合性喘息→アレルギー性+心因性など

□小児喘息はJ45.0 アレルギー性喘息
□中高年発症喘息はJ45.9 喘息、詳細不明

□B群連鎖球菌性急性喉頭炎 J04.0にB95.1 “他章に分類される疾患の原因であるB群連鎖球菌性”を追加してコードする

緑膿菌性胸膜炎→胸膜炎のコードは膿胸の項のJ86.9 瘻孔を伴わない膿胸 となる
(漿液性、連鎖球菌性、肺炎球菌によるものの時はJ90 胸水、他に分類されないものの項になる)



この章の問題を解いていて、ずっと勘違いしていた大きなミスに気が付きました。

私は追加コードと、二重分類を混同していました…。


□B群連鎖球菌性急性喉頭炎 J04.0にB95.1 “他章に分類される疾患の原因であるB群連鎖球菌性”を追加してコードする

この時に、本来ならば追加なので、B95.1に*もしくは✝︎は不要なのに、B95.1✝︎ J04.0* と答案に書いていた!

それで気付いたのは、もしかしたら自分はこの間の試験でも、追加コードのある問題で、不要な*や✝︎を付けていたかもしれないと言う事です…!

追加コードのある問題の前に、二重分類の問題もあったのですが、それには答案用紙に予め*や✝︎のマークが印字されていました。
なんか私…その後の追加コードの問題で、わざわざ手書きでマークを書いたかもしれない…

馬鹿すぎる…!
そう言えばスクーリングでも、講師の先生が、わざわざ付けなくてもいい二重分類のマークを付けて、間違える人がいるので気を付けるように!と言っていたような!

その時は、そんな事わざわざするなんて、逆に面倒だから自分はしないだろうと鷹を括っていましたが…

実際自分がやらかしてしまった!
全く疑問にも思わなかった!


事前にしっかり練習問題をしていたら、勘違いに気付けただろうに!本当、愚かでした…
これからもそんな感じの勘違いが、続々と発覚しそうです…

今更後悔、本当遅いですが…
来年の試験までに、勉強不足を解消させなければ。
しっかり準備を整えて、試験に挑まねばと改めて思いました。

分類法:循環器系の疾患

久々のブログ更新になってしまった…!
レポート問題を解いて、理解した点や間違えた危険な所を頭に入れる為にも、すぐ記事にしてまとめなければならないのですが。。。
行動が遅い…。これでは駄目だな~


循環器の分野は、久々なかなか濃密でした。
サマリ問題にも副傷病名で頻繁に出てくるので、しっかり頭に入れなければ!

・リウマチ性舞踏病は“急性リウマチ熱”

・連合弁膜症は“慢性リウマチ性心疾患”

狭心症心筋梗塞は“虚血性心疾患”

心不全、心(室)房(粗)細動、不整脈、房室ブロック、非リウマチ性弁狭窄、弁閉鎖不全、心筋症、心膜炎、後天性心室(房)中隔欠損は“”その他の型の心疾患

・もやもや病、脳梗塞脳出血は“脳血管疾患”

・アテローム粥状硬化症、レイノー症候群、血管炎、母斑NOS、大動脈解離は“動脈、細動脈および毛細血管の疾患”

・バッドキアリ、痔核、静脈瘤は“静脈、リンパ管およびリンパ節の疾患”

・低血圧、乳房切除後リンパ浮腫、心切開後症候群、梅毒やジャガス病における心血管障害は“その他および詳細不明の障害”


にそれぞれ分類される。


□高血圧性脳症は“その他の脳血管疾患”の項

□うっ滞性皮膚炎は“炎症を伴う下肢の静脈瘤”とのことでI83.1。Lコードではない!

被殻出血→大脳半球の脳内出血、皮質下

□多発性小梗塞〈ラクナ〉症候群NOS→I67.9(脳血管疾患、詳細不明) G46.7(その他の多発性小梗塞〈ラクナ〉症候群)

□心臓弁膜術後症候群→I97.0 心臓切開後症候群

□心原性脳塞栓症による脳梗塞→I63.4 脳動脈の塞栓症による脳梗塞

□心臓血管バイパス術後→Z95.1 大動脈・冠動脈移植片の存在

□ASO→閉塞性動脈硬化
□CABG→冠動脈バイパス移植術

脳出血脳梗塞の既往、続発・後遺症はZコードではなく、I69の項から引く


未だにサマリ問題で、主病名と副傷病名を間違えたり、副傷病名の順番を間違えたりするのが、気がかりです。
最も医療資源を投じた順。入院の原因となった順。発症から新しい順。。。
などなど、頭で理解したつもりでも、いざ答え合わせの段階で全然順番が違っていたら、かなりショックです。
特に主病名と副傷病名を逆にした時は一気に今後が不安に。。。

レポート問題も、周産期の16章までしたけれど、それでも間違えてばかりで。。。

一回解いた問題でも、もう一度したらまた同じ間違いをしてしまいそう。


死因が心筋梗塞でも、入院した原因と投じた医療資源の大きさから主病名は肺血栓塞栓症って考え方で合っているのかな。

病名の言い換えも苦手。応用問題がひとまず苦手なので、どうにか克服しなければ…。

あと何だかんだまとめるものが7章くらい溜まっているので、消化しなければ!